管理組合

マンションの管理組合の許可は?
マンション マンションの管理組合の許可は、『必要』となります。
結構、マンションに住んでいる方は管理組合の許可がおりるかどうかの心配をされる方が多いようですが、許可がおりるかというと『おります』

マンションの管理組合には、共用部分の・・・特にここではペアガラスに交換することについて書きますが・・・窓枠、窓ガラスは、計画的に修繕工事を実施する必要があるのです。計画的に修繕工事を行えない場合、修繕工事の方法・材質・形状等をはじめに細則に定めておき、各区分所有者の責任と負担で実施出来るようにしてあるのが普通なのです。マンション側も修繕工事費を負担するよりも、各区分所有者の責任で負担してもらったほうがいいと考えるのが普通でしょう。なので、ペアガラスへの交換工事の許可が『NG』になったと聞いたことはありません。

※窓ガラス等の改良工事は、防犯・防音・結露防止・断熱性等にすぐれた復層ガラスやサッシ等への交換、既設のサッシへの内窓または、外窓の増設等があげられることになります。
専有部分と共用部分
原則的に区分所有者が購入したそれぞれの住戸を専有部分と言い、専有部分以外の敷地、建物、設備、附属施設などのすべてを共用部分と言います。
共用部分の範囲は、マンション管理規約に定められていますので、そのマンションによって違います。

【共用部分】
共用部分は具体的には、建物の外壁、屋上、基礎部分、廊下、階段、エレベーター、エントランス、給排水設備、電気設備、ガス配管設備、テレビアンテナ、管理事務室、集会室、駐車場、敷地内小公園、植栽、街灯、などがあります。
勘違いしやすいものには、各住戸に附属したベランダ(バルコニー)や専用庭(1階)があり、避難経路などになり、勝手にタイルなどを敷いたり物置を置いたりするのはダメです。
また、玄関扉は鍵と内部塗装部分を除けば共用部分であり、窓枠(サッシ)と窓ガラスも共用部分とされていて、勝手に交換することはできません。これらは変更するとマンションの外観に影響を与えるので、マンションの外観の統一性を保持するために共用部分としていると考えられます。